マンションを持つ手

マンション経営で飛び抜けた儲け|リスクは極力なくそう

サラリーマンでもできる

電卓

マンション投資はサラリーマンでも簡単に行う事ができる投資として人気があります。しかし物件選びなど慎重に行わないと将来的に赤字になることもありますので、注意が必要となります。物件は駅に近く需要が多い地域を選択します。

もっと見る

旅行者に宿泊施設を提供

スーツの男性

近年、世界でも人気となっているairbnbは、日本でも普及が進んでいます。そこで、外国語の必要性や物件の管理など行ってくれる、airbnb運営代行サービスが役立っているのです。これからもairbnbの利用者が増えると予想されることから、運営者も運営代行サービスの会社も、増えていくでしょう。

もっと見る

空き家の有効活用

住宅

リロケーションとは一定期間、空き家となる家を誰かに貸し付ける業務を指す言葉です。リロケーションといっても単なる仲介者というケースもあれば、不動産会社が借り上げるといったものもあります。いずれにしても誰かに貸し付けるという行為であるためリロケーションに特化した業者を選ぶ必要があります。

もっと見る

安定した収入を手に

スーツの三人組

投資するメリット

不動産投資の中に安定した家賃収入を目的に行うマンション経営があります。マンション経営の特徴は、一棟か一部屋を所有してそれを他人に賃貸してもらい毎月の家賃収入を得ることができる点です。メリットは、自分が働かなくてもマンションを所有している限り、定期的に家賃が決まった収入として入ってきます。そして、所有することによって相続税対策が行えたり税金を軽減できるなどのメリットもあります。その他にも本業プラスの収入を得ることができたり、老後の年金の不足分をカバーする効果もあります。また、団体信用生命保険に加入して住宅ローンを組むと、もしものことが起こっても生命保険の代わりとして活用することができます。投資として考えた場合でも、マンション経営はその他の投資と比較して利回り率が高く大きな魅力があります。リスクは極力なくしましょう。

空室リスク

所有しているマンション一棟や一部屋に人が入居してくれない空室リスクと言うものがあります。入居者がいない場合は、毎月の家賃が支払われることが無いので家賃収入が入ってこなくなる上に、修繕費やその他の固定費の支払いだけは毎月発生してしまうことになります。マンション経営において大切なことは、常に入居者がいるマンションであることが重要になってきます。マンション経営の為に物件を購入するときは、空室リスクを極力抑えられる物件選びが大切です。物件を購入するときは、必ず現地に訪れて周辺環境や今後の土地開発状況についても確認しておきましょう。また、マンションに入居する人が重視する点が満たされている物件を探して購入するといいでしょう。