スーツの男性

マンション経営で飛び抜けた儲け|リスクは極力なくそう

空き家の有効活用

住宅

空き家を誰かに貸すには

家は住むために存在しますが、何かの理由で住むことができず空き家となるケースがあります。住まない家をそのままにしておいても固定資産税はかかりますし、住まない家は傷みも早くなるなど保有している時点で大きな負債となります。このため長期間にわたって空き家となる場合には誰かに貸すことで収益化をして固定資産税や維持費の補填にあてるといったことが有益な方法です。しかし、人に家を貸す際はその貸し家の管理を担うことがあります。管理が何らかの都合でできない方は、仲介業者を利用するのが無難です。仲介業者でも紹介だけを行うところもあれば、管理一切や運用一切を請け負うところもあります。それぞれその内容に応じて得られる収益が変わってきますが、経験と実績な豊富な業者と契約を結ぶことで、将来におけるトラブルを最小限にすることができます。

貸し付けるさいの工夫

空き家を貸し付けるさいに利用する仲介業者としては、不動産会社がありますが、不動産会社といってもその業務はさまざまです。このため転勤などによって長期間にわたって家を空ける場合にはリロケーションサービスを行っているところを選ぶのがポイントです。リロケーションは移転または配置転換といった意味があり、主に転勤者が家を一定期間留守にする場合に一定期間賃貸する業務を指しています。リロケーションといってもその内容は明確ではなく業務内容としては、単なる仲介業務から、リロケーションを行っている不動産会社が借り上げるサブリース方式のものなどがあります。また誰かに家を貸す以上は賃料の回収や家の管理が必要ですが、それらを含めて行う不動産会社もあります。