スーツの男性

マンション経営で飛び抜けた儲け|リスクは極力なくそう

サラリーマンでもできる

電卓

立地と築年数は何より重要

マンション投資は人気の投資の一つです。サラリーマンでも手間暇かけずに行う事ができる投資方法として人気になっているのです。マンションの一室を購入し、それを賃貸運用することが主な投資方法となりますが、失敗しないようにするためにはいくつかの手法があります。まず不動産の立地です。東京など人口が集中しており、かつ流入している地域において不動産の需要は一般的に高まります。しかし同じ東京でも人気の場所と不人気の場所があります。需要は単身世帯が多いため、駅から近く通勤に便利な地域が必須となります。そのため駅に近く、商業施設が充実している地域であれば、多くの需要を見込むことができます。またマンション投資は築年数が経過すれば、借り手がつきにくくなることも考慮しなければなりません。

空室のリスクを避ける工夫

マンション投資の際には購入金額を気にすることが多いのですが、マンション投資では賃貸収入を得ることを前提としていますので、購入金額が高ければ、家賃収入を上げることができます。逆に築年数の経過した中古物件などは、購入金額は安いのですが、賃料も安くなるため、利幅が少なくなるのです。賃料と購入金額を天秤にかけて不動産選びをすることが重要となります。そして空室をできる限り避ける対策が必要です。需要のある地域であれば、空室を多く発生させることはありません。万が一の空室の備えて空室保証などを付けることも考慮することが大事です。また、リフォームなどは採算が取れなくなる可能性がありますので、購入時のリフォーム以外は考えない方が無難です。